FC2ブログ
   
02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
20
21
22
23
   

1年間の振り返り Part2

今日は6~8月です。
6月2日 校舎の東大クラスの人が集まって英語の最新の過去問(つまりは本試験で受けた問題)を解かされる
      その解説授業でリスニングの単語の意味を間違えていたことが発覚(generousをjealousの意味で覚えていた。
      本番でリスニングは12点で、意味が正しくとれていればあと2問は取れたはずなのでこれが直接の敗因
      因みにセンターでも単語を覚えてなくて読解で1問失ったので単語は確か。)色々と衝撃を受ける。
  5日 第1回全統マーク模試が返却される。まさかのクラス3位。
      真面目に聞いていた人に負けたのがショックで授業態度、生活習慣などを変えるきっかけになった。
      浪人したら東大は余裕という考えを捨てたのはこの時だと思う。
      (勿論始まって2週間で受けた模試なのでそれが原因ではないのだが。因みに現代文59点は理系を含めても校舎内の
       東大・京大志望の中で最下位)
  8日 それまでは高校の同じクラスの人1人としか話さなかったがクイズ研究会所属経験者が他に3人いたことが発覚して初めて      話す。2時間くらい講師の評価などの話で盛り上がった記憶。
  この1週間が受験中で1、2を争うほど濃密だった。
  10日 第1回センタートレーニングテスト。東進東大レベル模試被っていたが受けた。印象無し。
  16日 本郷校の知の開発講座(名前忘れた)に参加。特に興味のある話題でもなく、同級生に会いたかっただけだが。
      それでも進振りについて有益な情報を得られたりしてモチベーションの上昇につながった。
  22日 第1回全統記述模試がweb上で返却。全教科偏差値70越え。
  26日 この結果がクラス1位であったため安心。
7月10日 基礎シリーズ終了。
  13日 第2回サクセスクリニック。若干の上昇。
  14、15日 第1回代ゼミ東大プレ。後輩に囲まれながらの受験。
  17~21日 夏季講習第2ターム。地元校舎。
  この間のどこかで面談。
  23~27日 〃     第3ターム。本郷校。兄の家に泊まる。この間にマーク模試に向けて国語をやり込む。
  27日 第2回全統マーク模試が台風の為延期になるという知らせを受ける。
  30日~8月3日 夏季講習第4ターム。地元校舎。
8月4、5日 第1回河合東大オープン。リスニングが全く分からなかったが全体的にはよくできた。
  6日~10日 夏季講習第5ターム。本郷校。
  11、12日 第1回駿台東大実戦。社会が昨年の駿台に比べると比較的簡単、リスニングも簡単。(自己最高の24点)
  18日 第2回全統マーク模試。自己採点で834点を叩き出して驚く。特に国語が自己最高の181点で夏の成果が出たと確信。
  21日 第1回代ゼミ東大プレ返却。C判定に堪える。
  24日 後期の開講チュートリアル。
  27日 第2回全統記述模試。
9月2日 特に使うつもりはないがTEAPcbtを受検。スコアはCSE2.0で555-595-585-475(英検2級は合格程度、もう少しで準1級) 
本日はここまで。     

にほんブログ村



東大受験生ブログランキング      
スポンサーサイト



1年間の振り返り Part1

今日が2月27日で発表の前日の3月9日まで11日間振り返り記事を上げていきます。
ところでこの企画が終わったら1ヶ月以上毎日ブログ記事を上げたことになるのですね。
27 3~5月 28 6~8月 3/1 9~11月 2 12月~センター直前 3 センター1日目 4 センター2日目 5 センター明け~2月中旬
6 早稲田入試 7 2/20~前日8 2次試験1日目 9 2次試験2日目 という感じで書いていきたいと思います。
覚えている限り時系列に沿って書いていきます。

3月10日 東大合格発表 11時45分ごろ本郷三丁目駅で友人と待ち合わせ。
      1時間半列に並んだあと番号がなかったので(友人は文一に合格)高校に直行 因みに昼食は抜いた。
      一通り面談を済ませて浪人の意思を伝え(慶応は補欠で行く気は初めからなかった)帰路につく。
      帰り際に中学時代の塾に寄って誰も受からなかったことに驚く。
  11日 この日の記憶はない。数日前から書き溜めていた昨年の受験記事が公開
  12日 朝から予備校探しで河合塾で説明会+数学の授業を受ける(他に受講者無し)
      成績開示が来る。概ね予想通りの点数。
  14日 駿台の高校別説明会に参加 その日に河合塾に申し込む
  18日 事前に申し込んであったabc(クイズ大会)に参加
  23日 部活の卒業セレモニー
4月4、5日 サクセスクリニック
  7~10日 春期講習 本郷校なのでいとこの家に止まった。英数国を受講。
  13日 開講チュートリアル なぜかこの日だけ席順が違っていた
  16日 基礎シリーズ授業開始
  17日 この日のチュートリアルでクラス内トップであると分かり一安心
  22日 プレステージ リスニングで不具合があった気がする
  29日 第1回全統マーク模試
ここら辺でサククリの結果が返って来る
5月4日 確か初の面談の日
  6日 Twitterでブログ更新専用のアカウントを作る 
  15日 全統記述模試 よくできた。
  19日 地形図実習があったはずなのだがチュートリアルで告知がなくスルーされる(天候不良で中止)
  20日 五月祭に行く。多くの知り合いや意外な人にも会う。
  22日 定着度テスト 確かほぼノー勉。受かっている人は英語で90点以上取っていると散々煽られた記憶があるが英語98点、                数学100点をとる。
本日はここまで。

にほんブログ村



東大受験生ブログランキング

東大入試終了

数学が40点台しか取れませんでしたが残り科目で稼いだと思います。
現在の感想では受かったかな、という感じです。
大体の感触
国語60 数学45 社会85 英語70 センター98.5
合計358.5
ここから下がると思いますが何とかなるのではないでしょうか。
追記 早稲田は補欠でした。

東大2次試験1日目

行ってきます!

いよいよ東大2次試験!

とうとう明日です。この1年がどんな1年だったか、詳細は受かってから書くとして、いくつか書いておくべきこと。
①心身健康にここまで来たという事実
運や周りの人の支えがあってここまできています。結果で恩返しすることしかできない、と自覚しています。
②たくさんの出会い
この1年だけでも多くの出会いがありました。(実際の空間、SNS上共に)明日東大を受けるのは知っているだけで30人は超えるはずです。そうした人達と4月に駒場で逢えたら、と思っています。
③明日の目標
昨年は1日目120点は願望でしかなかったのですが(実際は114点でなかなか健闘した)今年は国語で60点は現実的な目標になったと思います。(とはいえ自己最高は直前講習と代ゼミプレの56点ですが)
国語も数学も実力以上の高得点を取りに行こうとせず、確実に60点ずつ取りに行きます。
いくら実力差がある人でも、現在の点はセンターの微々たる点数しか変わりません。僅か520分で全てが決まってしまうのも呆気ない感じもしますが、出来ることをやるしかありません。

早稲田教育学部

唯一の私大受験です。行ってきます。
追記 自己採点
英語 34/50
地理 34/50
国語 26/36
合計は換算で102点ほどでしょうか。定員減がなければ確実に合格だと思うのですが、今年ばかりは厳しい感じですね。何とか補欠に食い込んでいたら、と思います。(行きませんが)

足切り通過

①文科三類の足切り通過しました。
②本番の目標点を最終決定。
 国語:60 数学:60 世界史:40 地理:40 英語:70 センター:98.5 合計:368.5
 各教科ここから-10点までが許容範囲(ただし3教科は目標達成すること)
③現状報告
 ・国語…どう転ぶか分からない。現代文は25点は行きそうなので何とか古典が取れれば、という感じ
      現代文もあくまで自己採点なので何とも言えませんが...
 ・数学…特に昨年から変わったという感じもないので難化しなければ60点は行けるはず。
      完答しなくてよい2問を見極められれば気は楽。
 ・世史…大して心配していないし、第1問で大筋が組み立てられれば何とかなる、と思っていたら河合の直前プレの第3問で
      やられたので油断してはいけませんね...
 ・地理…こちらも順調ですが昨年の40点越えとなると問題との相性次第のような気もします。
      それでも30点後半は行きそうです。
 ・英語…英語までに200点を取って気楽に合格するプランなのですが一応。リスニングは今月はほぼ毎日やっています。
      キムタツのSUPERで正解率は6割強です。
④本番の得点プラン(教科ごと)
 ・国語 第一問20点/第二問15点/第三問20点/第四問5点 難易度次第で古文と漢文入れ替え
 ・数学 2完2半(10点ずつ) とくに確率は出たら完答する
 ・世史 第1問10点/第2問14点/第3問16点
 ・地理 各大問最低10点 1つは15点取れればよい。
 ・英語 第1問13点/第2問15点/第3問20点/第4問12点/第5問10点
⑤今後の対策予定
 模試の復習は第2回オープン、実戦のみ行います。直前の2日ほどは古典を中心に過去問or臨海セミナーの問題をやります。
⑥追記 河合東大プレテスト
英語61点 数学64点 国語53点 世界史37点 地理34点 合計249点
感想:大きく崩れた教科がなかった、ということは好材料。
英語…1B4点とリスニング16点は反省点。たまたま4Aが8点取れたから(半分は実力とはいえ)何とか60点に載っただけ。
数学…本番で大量得点しようとするよりも絶対にミスをしないこと。無理に3完は狙わない。
国語…自分の伸びと点数の伸びが一致しているのが嬉しい。(それでもこの点ですが...)
     漢字が0点だったはきれいに書けというメッセージと受け取る。(1問は本当に間違っていたけど)
     こちらも取れるものを落とさない。
世史…第3問が7点とすっかり忘れていた割には第1問、2問で30点取ったのは大きい。
    とはいえ織物産業史は予め対策しておいた部分で、本番で当たるとは限らない。
地理…安定して35点程度は取れそうだが、40点はもう1歩か。大論述に割くことを考えて時間配分を心がける。
    (昨年の経験から600字を答案用紙に書くには20分必要)
⑦追記2 代ゼミ東大入試突破直前テスト
英語78点 数学26点 国語56点 世史38点 地理33点 合計231点
英語は本番でこんなに高く出ることは期待していません。数学は...参考値ということで。(流石に本番でこれはまずいですが)
他の科目は概ね想定通りでしょうか。(地理があと5点欲しい)

にほんブログ村


東大受験生ブログランキング
 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR